タロット占いについて

タロット占い

タロット占いには、大アルカナと呼ばれる22枚のタロットカードだけを使う方法と、小アルカナと呼ばれる56枚のタロットカードも合わせて計78枚で占う方法があり、あまり、聞きませんが小アルカナだけを使う占い方法も存在するようです。

 

簡単な占い方法は、まずタロットカードを裏向きにして机の上に置きシャッフルし、その後シャッフルしたタロットカードの中から数枚を引いて机の上に並べて占うのですが、この時のタロットカードの並べ方には様々なものがあり、タロットカードの並べ方のことをスプレッドと呼びます。

 

タロットカードの絵柄には、それぞれ意味があり、ここから占い結果を読み取るのですが、タロットカード名前や、意味だけではなく、タロットカードに描かれている光景を基に意味を感じ取ることも必要です。また、タロットカードの意味は正位置と、逆位置で意味が変わり、正位置はタロットカードの本来の意味を表し、逆位置は基本的にはそのタロットカードが示す逆の意味になります。

 

基本的に正位置の意味はタロットカードの善・陽の部分、逆位置の意味は悪・陰の部分として説明されることが多いのですが、正位置・逆位置の区別を行わないタロット占いや占い師も存在し、タロットカードの意味は占い師によって解釈が大きく異なる場合がある為、これが正解と言える解釈は存在しません。すべての占いに言えることですが、このタロットカード占いも、占いをする人の直観力やイマジネーションなどで、結果が大きく変わります

 

また、占いとしての特徴としてタロット占いは「明日の運勢は?」などのような抽象的なテーマを占うのには向いておらず、占う内容がより具体的な方が効果を発揮するため、恋愛相談や進路相談などカウンセリング的な要素を含む占いに向いおり、根強い人気があるのです。

シャッフルについて

基本的にタロット占いにおいてタロットカードを混ぜることを、トランプと同じ様に「シャッフル」といいます。しかしタロットカードのシャッフルでは、正位置と逆位置が重要なため、トランプのように重ねてからシャッフルするのではなく、テーブルなどにタロットカードを広げて、両手でかき混ぜるようにしてタロットカードの向きがバラバラになるようにシャッフルします。

 

ただ、このシャッフルの仕方はあくまでも基本で、占い師によっては全く違う方法がとられていることもあります。占い師だけがタロットカードに触ってシャッフルを行う場合や、相談者もシャッフルに参加する場合、シャッフルした後にタロットカードを切る場合、トランプと同じようにカットだけをする場合、特にシャッフルを行わず相談者の話を聞きながら常にタロットカードの順序や向きを入れ替える場合など、様々なシャッフルがあるようです。


スプレッドについて

スプレッドとはタロットカードで占いをするときに使う並べ方の事で、様々な型があります。ここでは代表的なスプレッドを紹介していこうと思います。

 

フォーチュン・オラクル法・・・V字型に7枚並べ、その中央に3枚並べる方法です。

 

セブン・テーリング法・・・7枚の予言といわれ、対人関係に向いています。

 

ケルト十字法・・・悪魔の10カード、または、大十字架占いともいいます。

 

ホロスコープ法・・・黄道十二宮のように12のジャンルに分けカードを配列します。

 

ヘキサグラム法・・・六芒星(ヘキサグラム)のようにカードを並べる方法です。

 

変形ヘキサグラム法・・・ヘキサグラム法を12枚に増やし、過去からの流れを明確にした展開法といわれます。

 

大三角の秘宝法・・・3枚のカードを3角に配置し、キーカードも1枚配置します。

 

二者択一展開法・・・V字型に5枚配置します。

 

ファランクス法・・・16枚のカードを4×4で配置このスプレッド法は小アルカナのみを使います。

 

大ピラミッド法・・・最下段12枚、上に行くに従い11、10...最後は1枚と配置します。

 

グレゴリウス法・・・10枚を3段月の日数によって配置し、さらにその右横に1枚ずつ、さらにその右横に1枚ずつ配置します。

 

陰陽法・・・2枚のカードを縦に配置します。

 

Favorite

ウエディングブーケをお探しの方へ

プロ用殺虫剤害虫駆除|DIY自分で出来る害虫駆除

BURTONのスノーボード販売

free link

このページは、リンクフリーです。どのページでもご自由にリンクをお張りください。